Subscribe to RSS Feed ログイン

茜色の浮雲

Saturday
2019年3月23日

事故情報はどうやって調べるの

過去にブラックであっても何年かすればブラック情報は消えると聞いたんですが、肝心の事故情報というのがどうやって調べたらいいのか分からなかったんです。

ブラックリスト入りしてしまった場合、その要綱がどれだけの期間留まるかが気になる場合でしょうがこれはブラックリスト入りした理由やブラックリスト機関によっても違いがあります。

私立ブラックリスト機関は日本には3つあり、我が国ブラックリスト機構(JICC)、津々浦々銀行私立ブラックリスト中心(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)がありそれぞれが共に要綱をシェアしあっています。

ただ、要綱を記録してある期間は友人違う。

ブラックリストはないんですね。

ブラックリスト機関を知らない人が多いようですが、カードやローンを契約するときに仲間入り書にどのこブラックリスト機関に要綱提供すると必ず書いています。

頂点きついのは銀行系の津々浦々銀行私立ブラックリスト中心で自己破産をした場合には10時、任意整理、代位返納、延滞があった時折5時記録されることになります。

CICは多くがクレジットカード系のブラックリスト機関ですが、自己破産の場合には7時、任意整理、延滞の場合には5時書類が残ります。

我が国ブラックリスト機構(JICC)では、必須撤廃、自己破産、任意整理は5時ですが延滞の場合には1時で書類が抹消されるのでJICCで延滞を通してしまってブラックリスト入りした場合には以外と比べると早い段階で回復することができます。

それに加えていまひとつ覚えておきたいのはこれらの要綱が絶えるのは、災禍の撤回から友人時刻が経過する必要があるので例えば延滞をしているランクが続いているのであれば、延滞を解消しない以上は絶えずブラックリストから抜け出すことができません。

時刻がたてば要綱が削除繋がるということではありませんので注意が必要です。

なので正しく皆済してからの期間となりますので敢然と解決しないといけませんね。

事故情報については借金時効後のブラックリストについてよく分かる!に調べ方が記載されています。