Subscribe to RSS Feed ログイン

茜色の浮雲

Tuesday
2019年6月18日

カードをつくれないと各種手数料がめんどくさい

債務整理してしばらく経つので生活に余裕が出てきたんだけど、不便なのがクレカがまだ持てないこと。そろそろブラックリストから消えてると思うんだけど自分で確認するのもめんどう。

ブラックリストの掲載期間は意味や期間にてことなるブラックリストに入ってしてしまった場合、掲載期間はどのくらいになるのか引っかかるというヒトが多くいる。

これはブラックになった意味や説役所によっても掲載期間がなるので大小を思い切り覚えておく必要があります。

例えばたいしてアッという間に説が消える物としては、JICCと呼ばれる日本信用情報開示請求メカニックスは信販会社によるクレジットカードやキャッシング系の説役所なのですが、延滞が理由でブラックリスト入をした場合には抹消されるまで1時期の期間となっています。

ここで注意が必要なのは、延滞が解消されてから1時期に関してになるので延滞中であればその間は一際ブラックリスト入りやるので気をつけましょう。

KSCと呼ばれる日本銀行私立信用情報開示請求真ん中は文字通り銀行系の説役所なのですが、これは銀行系ということもあり、他の説役所よりもキツイ物となっています。

延滞も5通年記帳が残ってしまうことになりますし、倒産の場合には10通年記帳が止まることになりますから、倒産をするようなことがあれば10通年は雑銀行から貸与を受けることはできません。

携帯電話の借金をすることがなければブラックリストに入っても、関係ないといえるっちゃいえますがクレジットカードを持つことができなくなってしまったり、携帯電話のローンができなくなって仕舞うといった生活に密着するサービスが受けられなくなる可能性もいるだけに、掲載期間はよく知っておくと良いですね。

ブラックリストに入っている期間は自分ちがうことがわかりました。

信用情報開示請求を敢然と確認することと遅滞などしている場合は本当に皆済をしていないっていけないということになりますね。

そんなことは借金のブラック期間がひと目でワカル!がわかりやすいです。