Subscribe to RSS Feed ログイン

茜色の浮雲

Tuesday
2019年6月18日

借金の話っていいことない

借金の話になるといいこなんてないですよね。借金の返済に苦しんでいる人が多いようですが借金も時効に出来る可能性があるのはご存知ですか。借金の時効についてお話していこうと思います。

間違えないで!携帯電話の借金の時効は組合が5年で個人は10年

携帯電話の借金の踏み倒しというと聞こえが悪いですが、適法な踏み倒しといえるのが時効援用手続きです。

時効までの日数に5年と10年があると聞いたことがあるヤツもいるかもしれません。

まさに携帯電話の借金の時効には2つの日数があります。

時効になる日数が異なるのは借りていらっしゃるあちらがちがいます。

とりわけ、サラ金などの元本を貸す組合からの携帯電話の借金は5年、傍や知人に個人的に借りた元本は10年となります。こういう差異を理解しておく必要があります。

そして、重要なのはいつから5年とか10年の期間になるかという起算お天道様に関してです。

私は借金時効の相談先を見つけるサイトとかもチェックしていました。

元本を借りてから一度も消費をしていない場合は借りたケースから、何度か消費したときは最後の消費したお天道様から、途中で大家から時効の次第を凍結されたときはそのときからとなっています。こういう年数が経過するまで時効凍結わけがなければ構成となります。

時効の凍結わけは、携帯電話の借金の一部消費、負債の取り引き、公判上の申し入れを起こされる、つまり支払いを命じる判決を受けたときなどです。

これがうちもなければ、日数の順序にて負債は消滅することになります。

ただし、時間的に雲散出来あっても自分で時効を援用しないと負債はなくなりません。これは単に要注意です。

時折大家からテレフォンがあって、1円も良いから返してくれと言われて支払うヤツがある。

残念ながら、援用する前に1円も払ってしまうと自分から権を放棄したといったみなされるので、日数が経過していたとしても携帯電話の借金の支払い責務はなくなりません。1円からにはと思ったら全額戻す絶対が生じたということです。

そこからまた長い年月を踏ん張れますかという話です。援用はちゃんとおこなわないといけません。

また時効になっているのかとか援用に自信がないヤツは弁護士事務所や司法書士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。