Subscribe to RSS Feed ログイン

茜色の浮雲

Monday
2019年3月18日

消費者金融と銀行のカードローンの違い

消費者金融のカードローンと銀行のカードローンはどう違うのでしょうか。
消費者金融のカードローンとは、消費者金融が提供する、利用者が限度額まで自由に融資を受けることができるローンのことです。銀行とはあまり関係ないように見えますが、どこの消費者金融も貸し出し用の資金は銀行から借りていますので、銀行と深い関係を持っています。日本の代表的な消費者金融としては、アイフル、アコム、ノーローン、プロミス、モビットなどが挙げられます。ちなみに、現在は銀行系の消費者金融である新生銀行レイクも、以前はレイクという専業の消費者金融として営業していました。しかし、総量規制を流れるために、銀行の傘下に入ったといわれています。
消費者金融のカードローンのメリットは、審査が早く、即日融資を受けられることが多い、ということです。最短30~40分ほどでローンカードを受け取ることも可能です。また、銀行のカードローンよりも審査が甘い傾向があります。そのため、銀行や信販会社から融資を受けられなかった場合には消費者金融のカードローンが受け皿として機能します。また、”デメリット”としては消費者金融のカードローンは銀行のカードローンよりも金利が高いところがおおいようですね。銀行のカードローンとは、銀行が提供するカードローンのことです。最近は、大手の銀行のみならず、地方銀行でもどんどんカードローンを取り入れているところが多いようですが、それだけメリットが多いということでしょうか。
お金を借りる方法・即日融資はネット申込み・カードローン比較