Subscribe to RSS Feed ログイン

茜色の浮雲

Tuesday
2019年6月18日

キャッシングとカードローンの意味の違い

キャッシングといえば現金を表す英語ですが、
一般的にキャッシングというと、個人にお金を貸すサービスです。

カードローンとは、専用のキャッシングカードを使って、
融資を受けるサービスです。

コンビニや金融機関で設置されているCDやATMと呼ばれる機械をカードを差し込んで
操作するようになっています。やっていることはお金を借りる行為ですが、
ATMを使うために、自分のお金を出しているような気にもなります。

キャッシングでもカードを発行する金融会社が多いため、
カードローンとキャッシングの境目がなくなってきています。
キャッシングカードが登場する前は、融資金の受け渡しはATMは使われず、
顧客が店までやってくるという形になっていました。現金の自動支払機が登場したり、
銀行提携のATMが使えるようになるなどを経て、今では最寄りのATMが使えるようになっています。

かつては、キャッシングというと、消費者金融会社が一般の人に、
少額融資を行う金融サービスのことが意味されていました。

同じようにカードローンといえば、銀行などの金融機関が提供する個人向け小口融資というように、
呼び方は異なっていました。最初のころは、キャッシングはキャッシング、
カードローンはカードローンという位置づけでしたが、今ではそうではありません。

消費者金融会社の中には銀行と業務提携を結ぶところも多くなっており、
新たな金融サービスが登場したり、融資の方法も変わってきています。

もともとはキャッシングにも、カードローンにも、それぞれ意味がありましたが、
今では両者の境が曖昧になって、判別がつかなくなっています。
FXで稼ぐ